虹色曼荼羅サンキャッチャーをご納品して

39

虹の曼荼羅サンキャッチャー全体

虹の曼荼羅サンキャッチャーのご注文をいただき、お作りさせていただきました。

お客様は八王子にあるmeemeecafeさん

レイキヒーリングや、スピリチュアルなイベントを開催されてるカフェです。

オーダーをお受けする際、曼荼羅の色に関して少しお打ち合わせさせていただくわけですが、チャクラカラーの曼荼羅をご希望。ということでこちらの配色にご決定されました。

虹色曼荼羅アップ写真

外枠はゴールドのアクリルサークルでしっかりとしています。内側で9センチの大きさです。

一番外側は大きめのクリアビーズを用いました。この大きさはおひさまが当たるとキラキラ度が高いです。
そして見る角度によっては、光の輪のように光ります。

光があたった虹曼荼羅

一番内側は第一チャクラの赤で、順番に上部のチャクラカラーを表現していっています。
曼荼羅は作品上表現としては平面形をしておりますが、
第一チャクラの赤であるセンターは下(というかこの写真でいいますと奥になるわけですが)にありまして、外側のクリアはぐいっと手前にある立体形が本来のイメージです。

おひさまがあたった時、ひとつの小さなビーズが輝きます。

ひとつのビーズは
ひとつの経験を意味していたり
ひとつの転生を意味していたりします。
そのひとつのビーズがないと曼荼羅になりません。
お日様の光が絶妙なタイミングで
ひとつのビーズを輝かせてくれています✨

虹色サンキャッチャー

(meemeecafeさんで)ご納品後、朝日の入る窓際、ブラインドのところにサンキャッチャーをかけてくださいました。
meecafe-mandala

朝日にあたった曼荼羅にオーナーさんが手を合わせていらっしゃいました。。。

そのお姿を拝見し、私は純粋な気持ちで曼荼羅をお作りする必要性を感じました。

と同時に、曼荼羅のみならず、他の作品に対してもそのように感じました。

八王子のmeemeecafeさんです。

よろしかったら、午前中おいしいコーヒーを飲みながら曼荼羅の光をご覧にいらしてください。

コラム一覧