光を日々奏でる・サンキャッチャーとは

サンキャッチャーとは

部屋に入る小さな虹
「サンキャッチャー」は窓辺にかけて室内に太陽光を取り込むためのインテリア雑貨で、多角形にカットされた透明のクリスタルガラス(水晶で作られたもの、スワロフスキー・クリスタルのものもあります)のことを言います。

サンキャッチャーに太陽光が当たるとお部屋の中に小さな虹がたくさんできることから「レインボーメーカー」とも呼ばれています。
この小さな虹はゆらゆらお部屋の中で揺れます。

サンキャッチャーの作品を作り始めてから4年位になります。
イベント出店で出店させていただくと50代くらいの方までは「サンキャッチャー」というものをご存知なのですが、私の母世代の方(70-80代)はご存じない方が多く、
「なに??これ?キラキラしてきれいねえー」と鑑賞してくださったりしてそれもなかなか面白いなあなんて思いました。

冬の日照時間の少ない北欧で、少しでも太陽光をお部屋の中に取り込みたいという意図で生まれたそうです。

サンキャッチャーの光は

サンキャッチャー

サンキャッチャーの光は「癒しの光」です。

第6チャクラ=サードアイ=第三の目を活性化させるには朝の太陽光を楽しむのがよろしいようですが
光のエネルギーを取り込むことが松果体に良い刺激となります。

朝、「ああー今日も光がきれい。部屋に虹がたくさん❤」と「美しい意識」から一日をスタートさせることをおすすめいたします!!

サンキャッチャーのお部屋の中に入ってくる光鑑賞を通して、サンキャッチャーがなかったときには気づかなかったことに気づきます。

お部屋の中に入る光は、毎日のお天気によっても違いますし、季節によっても違うんです。(太陽光の光を楽しむものなので、まあ当たり前といえば当たり前のことなんですが、、)」

例えば春にサンキャッチャーをご購入されて、その時適した窓にかけられて虹をたのしまれても、冬になるとその窓には太陽光が差し込まなかったり、、「あれ、光らなくなったから別の部屋の窓にかけよう」なんてことが起こります。

部屋が「明るい」「暗い」で電気をぱっとつけて生活する昨今は特に「光を楽しんで観察すること」自体されないことですね。
サンキャッチャーの光

私がこれまでサンキャッチャーの光を鑑賞していて一番美しいなあと感じたのは、
大嵐や台風の去ったあとの光です。

キラキラです!
色んなものが風や雨で浄化されたことを強く感じます。

それから、赤ちゃんはサンキャッチャーの虹が大好きです!
ハイハイやあんよができるとお部屋の中にゆらゆらしている虹を追いかけます。
小学生くらいでも喜んで虹を手のひらに乗せたりして遊びます。
また子供を怒っていても怒った顔に虹がゆれたりして笑いを誘ってしまったりします。

ある方は(部屋の中で)なにかの決意をされた際、
その参考となる本を開いた瞬間に虹が本の上をゆらゆら。。=これは神様からの応援だ。と感じられた方も。

お部屋に入る光や虹を楽しんでみませんか。

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


X